お母さんが可哀想過ぎる「高畑裕太と母淳子」

高畑裕太が逮捕されてから、母親の淳子さんに対しても今まで以上に注目が集まりました。

母子家庭で女手一つで息子を育ててきた淳子さん。その長年の苦労を最悪の仇で返した息子。
私は関係の無い部外者ですが、本当に息子裕太に怒りを覚えます。

私の母親も母子家庭で苦労して私を育ててくれました。
家にいる時はずっと一人でしたが、寂しいと感じる事もありましたが、頑張って自分を育ててくれている事に小学生の時に気付き、それから出来うる限りお手伝いなどをしながら一緒に暮らしていました。
高畑淳子さんは仕事がら収入は多いかもしれませんが、仕事と子育てに追われとても大変な日々だったと思います。
私の母親も収入は年収3,400万ほどしかありませんが非常に大変な職種だったため、母親の苦労は誰よりも分かっているつもりです。
母親の思い出を思い返すと、感謝と愛の気持ちでいつでもどこでも涙を流すことが出来るくらいです。

それに息子の裕太が発達障害とのことなので、その苦労は一般的な子供を育てるよりも大変だったでしょう。
息子裕太の芸風は「淳子の教育不行き届きですすみません!あいつ全然しつけてくれなかったからさぁ!」と、苦労した母親淳子を蔑むものが多いです。
どんなに仲がいいのか知りませんが、そのネタは一体どの層に受けるのか不思議でしょうがありませんでした。誰が見ても不快でしょう。

私は今回の事件や彼の数々の奇行に、母親である高畑淳子さんが悪いとは全く思いません。
悪いのは高畑裕太ただ一人です。例え物事の分別が付かない障害を持っていたとしても、その罪が軽くなることは絶対にあってはならないと思います。

重い知的障碍者に対しても同じことを思います。
悪い事をしたからには、その人の為人は関係無いと思うのです。
例えば強姦殺人を犯した人が知的障害者だったために、その罪が軽くなった事があります。
それは絶対におかしいでしょう。
他にも同じような事件はいくつもあります。

もし私の家族が知的障碍者によって殺められたとしたら、その知的障碍者が社会的にも体力的にも弱い立場だったとしても、絶対に報復しに行くと思います。勿論健常者であっても同じく報復に行くと思います。(不慮の事故等ではなく悪質だった場合)
知的障害だから、発達障害だからといって犯罪行為に対する量刑まで特別扱いする事は絶対に許せないのです。

この高畑事件により、軽度であっても世間の発達障碍者に対する見方はより厳しくなったのではないでしょうか。
空気を読めない人は人を襲う可能性がある。
本当に怒りが込み上げる酷い事件です。

被害者の女性の状況が気になります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ベラジョンカジノ

サポートやサービスが充実で安心!

他と違ってギラギラしたカジノ感がないインターフェースが個人的に好きです。


エンパイアカジノ

LIVEでディーラーと直接対決!

バカラ好きなら迷わずココでしょう。


W88

欲張り屋さんにはコレ!!!

カジノだけでなく、ブックメーカー(スポーツベッティング)としても使えます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

究極のカジノ必勝ツール登場!
プロカジノプレーヤーのカジノ理論が自分のものに♪

【ウイニングカジノ】に今すぐ無料登録しよう!

ページ上部へ戻る