友達のHUBLOTが偽物だった話

ウブロが大好きだ

あの男らしいデザインがたまらない

ウブロは名前の通り、船の窓をモチーフにしたデザインになっており、その無骨なネジが男心を魅了してやまない

安いものだと10万円ほどで手に入るHUBLOTの腕時計だが、ある日友達がHUBLOTを自慢げに見せびらかしてきた

そのHUBLOTはネット上では180万円ほどでやり取りされている、めちゃめちゃかっこいいモデルだった

全身真っ黒で、自動巻き、ストップウォッチや色々付いている

さらに蒼くきらめくサファイアクリスタルガラスが美麗でたまらなかった

本体が真っ黒なのに、ガラスが蒼く光るもんだからおしゃれったらない

 

この甲斐性なしのゴミクズ野郎が、こんな高級時計をどうして持っているのだろう?

「なんでそんなかっこいい時計持ってるの!?買ったの!?」

「ああ、もちろん買ったのさ!ネットで6万円だったぜ!N級品だぜ!」

偽物だった

この男は時計の営業マンをやっているくせに、高級ブランドの偽物を身につけているのか

なんて野郎だ

時計の営業マンだからこそ、こういうものを持っているのかもしれないが

しかしそれにしても見た目は素晴らしかった

私が自分で40万円をはたいて買った、正真正銘の本物のHUBLOTの腕時計と比べてみても一切の遜色はなかった

むしろ、モデルが私のものよりずっと高級であるため、私の本物HUBLOTの方が安っぽく見えるくらいだ

 

しかし、だからと言って偽物はいけない

私は内心罵倒しまくった

何より、安い値段で私のHUBLOTよりも高そうなHUBLOTを手に入れていることが許せなかった

 

彼はこんなことを言った

「HUBLOTとかさぁ、本物が高過ぎるじゃん?

俺みたいなサラリーマンは一生買えないわけだよ

だからこういう馬鹿みたいに高い時計だったら偽物でもいいんじゃね?って思うんだよな」

少しだけなるほどと思った

しかしまだ99%否定派だ

だって偽物なんて犯罪だろう

それに私が持ってる本物の価値だって下がってしまう。偽物がバーゲンセールのような価格で売るため、市場に横行することで

 

私は彼にこう言った

「それって仕事中にも付けてるの?

相手の営業になんか言われない?」

すると彼は自信満々に

「これはパッと見じゃ絶対わからないってお墨付きもらってるから大丈夫!

HUBLOTの正規取扱店の知り合いと同モデルをじっくり見比べたからな!

裏側から覗ける機械は若干違ったけど、本物を用意して見比べないとまずわからないよ!」

腕時計を取り扱う営業として、誇りはないのだろうか

偽物とバレるかバレないかとか、そういう問題ではないのだ

君は偽物を「本物っす!」と相手に言うのだろうが、相手もまぁ20代後半の男が持つHUBLOTの1本くらいなら単に「すごいなぁ」で済むのだろうが

やはり時計を生業とする男としてそれはどうなのと、言いたい

それに安価モデルとはいえ本物のHUBLOTを持ってる私にそれを自慢するのってどうなのと、言いたい

 

偽物だめ!絶対

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ベラジョンカジノ

サポートやサービスが充実で安心!

他と違ってギラギラしたカジノ感がないインターフェースが個人的に好きです。


エンパイアカジノ

LIVEでディーラーと直接対決!

バカラ好きなら迷わずココでしょう。


W88

欲張り屋さんにはコレ!!!

カジノだけでなく、ブックメーカー(スポーツベッティング)としても使えます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

究極のカジノ必勝ツール登場!
プロカジノプレーヤーのカジノ理論が自分のものに♪

【ウイニングカジノ】に今すぐ無料登録しよう!

ページ上部へ戻る