悪人を弁護する弁護士の気持ち

私は今まで、検事=悪、弁護士=正義

というような、勝手なイメージを持っていた

それはおそらく、逆転裁判や、弁護士を題材にしたドラマや映画の影響だろう

ドラマや映画で主人公が弁護士だった場合、たいていの場合が弁護する相手は冤罪だったりする

 

しかし、実際はほとんどのケースで弁護士は悪人を弁護する

検事はその悪人に重い罪を求める

 

つまり、実際は検事=正義、弁護士=悪という場合のほうが多い

 

弁護士は、一体どういう気持ちで容疑者への求刑を軽くしようと頑張るのだろうか

被害者の関係者に恨まれ、悪人に懐かれ、一体どういう気持ちで

 

中にはこういう弁護士もいるかもしれない

【私は冤罪の弁護しかしません】

【悪人の弁護はしません】

 

悪人の弁護をする弁護士の気持ちが知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ベラジョンカジノ

サポートやサービスが充実で安心!

他と違ってギラギラしたカジノ感がないインターフェースが個人的に好きです。


エンパイアカジノ

LIVEでディーラーと直接対決!

バカラ好きなら迷わずココでしょう。


W88

欲張り屋さんにはコレ!!!

カジノだけでなく、ブックメーカー(スポーツベッティング)としても使えます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

究極のカジノ必勝ツール登場!
プロカジノプレーヤーのカジノ理論が自分のものに♪

【ウイニングカジノ】に今すぐ無料登録しよう!

ページ上部へ戻る