ルーレット

 ルーレット 概要 

0〜36までの数字が書かれたルーレットをディーラーが回し
どの番号が来るかを予想するゲームです。
確率論で勝ちに行けるゲームです。

大きく分けて、ヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルに別れます。
違いは1点のみ。
ヨーロピアンは0の枠が1つしか無いのに対し
アメリカンは0の枠が2つあることです。(0と00)

つまりヨーロピアンは0〜36までの37通りあるのに対し
アメリカンは0、00〜36の38通り存在するので
確率的にヨーロピアンの方が当てやすいということになりますね。

マイナーなものにフレンチタイプもあります。
「黒か赤か」「偶数か奇数か」「ハイかローか」という2分の1のベットの際
ヨーロピアンやアメリカンでは「0」が出てしまったらどちらに賭けていても負けになります。
それがフレンチタイプでは「0」が出たら半額だけの没収で済みます。

プレイヤーに有利なのは以下の順番なので覚えておきましょう。
フレンチ > ヨーロピアン > アメリカン

 

 

色々なベットの仕方

例えば「5番が来る!」
と思えば5だけにベットしてもいいですし
「5か6が来る」と思えばその両方にベットしてもいいですし
「番号はわかんないけど偶数が来る!」
と思えば偶数にベットもできますし
決められなければ全ての数字に賭けてもいいわけです。

ディーラーが Place your bet.  と言ったらベットを開始し
No more bet. と言ったらそれ以上はベットできません。

 

ではチップの置き方を見てみましょう。

american-roulette_table
左端に0と00があることから、アメリカンスタイルのテーブルだとわかりますね。


 

 

まずは最もシンプルかつ最高額のストレート

ストレート
賭けたい数字の枠内に置きます。
枠線に触れてしまうと別の賭け方とみなされることがあるので注意しましょう。
1ドル賭けて勝った場合は36ドルになって戻ってきます。

 


 

 

隣り合う2つにベットするスプリット

スプリット
縦・横の隣り合う2つにベットする場合はその間の線上にチップを置きます。
1ドル賭けて勝った場合は18ドルになって戻ってきます。

 


 

 

隣り合う4つの数字にベットするコーナー
(スクエア、クオーター、フォーと呼ばれることも)

コーナー
縦・横の隣り合う4つにベットする場合はその中央の十字にチップを置きます。
1ドル賭けて勝った場合は9ドルになって戻ってきます。

 


 

横ライン上(画像上は縦ですが)にある3つの数字にベットするストリート

ストリート
ライン端の線上にチップを置きます。
逆側の端に置くこともできます。
1ドル賭けて勝った場合は12ドルになって戻ってきます。

 


 

横2列6つの数字にベットするダブルストリート

ダブルストリート
隣り合う横2列の数字6つに同時ベットする場合はその端線の中央にチップを置きます。
これも逆端の同位置に置いてもOKです。

 

 


 

縦一列12個の数字にベットするカラム(コラム)

カラム
0を含まない縦一列にベットする際は、その一番下の枠内にチップを置きます。
1ドル賭けて勝った場合は3ドルになって戻ってきます。

 


 

12づつに区切られた数字に賭けるダズンベット

ダズン
1st(1〜12), 2nd(13〜24), 3rd(25〜36)の12こづつの数字
に賭ける場合はそれぞれのダズンベットエリアにチップを置きます。
1ドル賭けて勝った場合は3ドルになって戻ってきます。

 

 


 

奇数(ODD)か偶数(EVEN)かオッド・イーブン

奇数偶数
奇数にベットしても偶数にベットしても、0が来た場合は負けになります。
1ドル賭けて勝った場合は2ドルになって戻ってきます。

 

 


 

前半の数字か、後半の数字かハイ&ロー

ハイロー
1〜18か19〜36の数字が対象なので
どちらにベットした場合でも0が来たら負けとなります。
1ドル賭けて勝った場合は2ドルになって戻ってきます。

 

 


 

赤か黒かの2択勝負のカラーベット

赤黒
1〜36の数字には色が付いていますが0には色がありません。
なので赤に賭けても黒に賭けても、0が来た場合は負けになります。
1ドル賭けて勝った場合は2ドルになって戻ってきます。

 

 


 

 

 

ページ上部へ戻る