違法カジノに注意

まずはじめに、日本国内のカジノは違法です。

六本木などには裏カジノ(闇カジノ)と呼ばれるものが存在しているようですが
こういったものは経営が誰であろうと、経営者もプレイヤーも全て罪に問われます。
絶対に手を出してはいけません。
もし周りにそういった情報があったり、そういうものに手を出している友人がいたら
すぐにそこから離れてください。
絶対に関わってはいけません。

では日本のオンラインカジノはどうかというと、
日本国内で運営されているものであれば、当然それも違法です

当サイトで紹介している海外オンラインカジノは、ランドカジノ(ラスベガスやマカオ等のリアルカジノ)と同様に、各国(日本以外)でライセンスを取得し、合法運営されている正式なカジノですので、安心してプレイしていただけます。

 

ただしネット上には怪しいカジノサイトも存在しますので、十分に注意してください。
いくら日本語で紹介されていても、ライセンスが確認できないカジノでは絶対にプレイしてはいけません。
※このページの最後に当サイトで紹介している海外オンラインカジノ一覧を掲載しています。

 

ここで気になる賭博罪について、簡単に説明しておきましょう。

日本の賭博罪は、お金を賭けたプレイヤー側だけが捕まるということはまずありません。
よく日本の刑事ドラマや映画などで、裏カジノの現場に警察が突入して
そこにいるお客さんとスタッフ全員を逮捕しているのを見ると思います。
プレイヤーを逮捕するには胴元も逮捕しなければならないというルールがあるのです。

 

では当サイトで紹介している海外のオンラインカジノをプレイした場合はどうでしょうか?
胴元は各国で正式なライセンスを取得して合法運営している大手のカジノ会社です。
中にはその国で上場している企業もありますし、有名スポーツチームのスポンサーを務めている企業もあります。
これらの企業はその国の大きな税収入源でもありますね。

日本の警察がもしこれら企業のカジノで遊んでいるプレイヤーを逮捕しようと思ったら
プレイヤーだけではなく、この企業の違法性も問わなければいけなくなり、
そうなると、その企業にライセンスを渡している国自体にまで矛先を向けなくてはなりません。
普通に考えればそれは無茶な行為ですね。
現在の日本には海外のオンラインカジノのプレイについての法律というものもなく、警察は黙認している状態といえます。
これまでに海外のオンラインカジノをプレイして逮捕されたという事例は1件もありません。
ただし、今後の法改正でどうなっていくのかは分かりません。
日本もカジノの導入に向けて動き出していますし、なんらかのオンラインカジノに関する法案が作られていくかと思います。
日本のカジノ動向にも注視しながらプレイしていきましょう。

 

 

当サイトでオススメしている、安心して遊べる海外オンラインカジノ
エンパイアカジノ  ベラジョンカジノ  W88  32red  ワイルドジャングル
カジ旅(Casino Heroes)  オムニカジノ  ウィリアムヒル

※それぞれクリックすると詳細ページへ飛びます。

 


 

2016年2月20日 追記

数日前に、「オンラインカジノで初の逮捕者」というようなニュースを目にしました。
ええええ! と驚いて詳細を読んだのですが、
コレ、逮捕されたのはオンラインカジノのプレイヤーでもなければ胴元でもありませんでした。
では一体誰が???

今回逮捕されたのは、NetBANQなどと称する入出金口座を運営していた日本人経営者3人でした。
おそらくNETELLERやiBanQと同様のオンラインカジノへの入金するためのクラウド口座でしょう。
正直、それの何が賭博罪なのか分かりかねますが・・・。
本人たちも「賭博罪になると思わなかった」と容疑を否認しているようですね。

というわけで、海外オンラインカジノのプレイヤーさんの中にはビクッとした方がいたかもしれませんが
全く関係のない話なので安心してください。
とはいえ、今回のニュースの見出しの付け方には何か悪意を感じますね(笑)

 

 

 

ページ上部へ戻る