入金額の考察

最近の海外オンラインカジノはほぼ「クレジットカード入金対応」になり本当に楽になった。
出金時のことを考えるとNETELLERに口座を作成しておくことをオススメするが、こちらも日本語化されて、いつでも簡単に口座作成出来るようになったので、その辺の話は今回は割愛する。

今回はオンラインカジノに入金する額について、私の個人的な考察を語りたいと思う。
(特にスロットで遊ぶ場合)

 

私が初めてオンラインカジノに手を出した時は、やはりビビっていたのもあって、初回入金額に応じたボーナスキャンペーン等があるにも関わらず、20ドルという小額を入金した。
そして最初に手を出してみたのがスロットだった。
当然、最低ベットで。
2回目の入金も、3回めの入金も20ドルしかしなかった。
なぜか?
いっぱいいれたら遊んでしまうし、こわかったからである。

 
 

オンラインカジノのスロットには設定などなく完全なランダムだというのは知っているが、それでも当たりやすい時と当たりにくい時がある。
というか大当たりがくる周期があるように感じる。
当たりやすいと感じる時は、5〜6ドル減ったくらいのところで大当たりが発生して、勝ちが上回ってどんどん増えていくのだが、逆に当たりにくいと感じるときは、最低ベットでプレイしていてもすぐに10ドル以上溶けてしまう。
 
そしてこの当たりにくいと感じる時の大当たりが来る周期が、だいたい「20ドルくらい使った時」なのだ。(最低ベット20〜25セント時)
 
これは後に1000ドル以上を口座に入れて遊んでいる時に気がついたことだ。
ということは、いままでの私は大当たりが来る直前で毎回資金がショートしていたことになる。
無くなっては入金し、また無くなっては入金し、せっかくの大当たり周期の到来を毎回逃していたのだ。
あの時あと5ドルでもあったら・・・挽回できていた可能性は大きい。

 

というわけで一言。
「ケチケチやっていると勝てないぞ」

 

特に初回入金はどこのカジノ会社も特別ボーナスをプレゼントしてくれたりするので
MAXにプレゼントが貰えるようにガツンと入れておこう。
 

遊びすぎてしまうのが怖い人は、事前にリミットを設定しておこう。
1日の使用額、1周間の使用額、プレイ時間、入金額など細かく設定しておくことでセーブできる。
だいたいどこのオンラインカジノもそういった機能を持っている。

 

ただしベラジョンカジノにおいては、太っ腹なことに、入金しなくても登録するだけでボーナスマネーをくれるキャンペーンをやっているのですぐに入金はしないで欲しい。
まずはボーナス(2016年2月現在30ドル)を使って、それが無くなったら入金しよう。
運が良ければボーナスで遊んでいるうちにリアルマネー化して入金が不要なくらいに増える可能性もある。
※ゲームによって異なるが、スロットであれば減ったり増えたりを繰り返しながら、ボーナスの40倍の額を使えばリアルマネーに変わって出金可能になる。

 

あともうひとつ「土日の方が絶対に当たりやすい気がする」

 

ページ上部へ戻る