【埼玉県24歳男性】お金の稼ぎ方は時代と共に変わっていく

 

 

 

僕の父は、株のやり取りだけを生業としたいわゆる投機家(投資家)であるため、他の家庭の父親とは違いよく家にいた。

一般的に専業株トレーダーと聞くと、まだ金持ちというイメージが強いとは思うが、私の父はそうではない。

家も一軒家ではあるが辺鄙な所だし、お世辞にも広いとは言えない。

猫を一匹勝っていたことがあるが、それも野良だった。

話が逸れてしまったが、つまり僕の父は普通のサラリーマンではなかったという事だ。

同時に、私は毎日汗水流して働き、毎月決まった賃金をもらってくるという仕組みに抵抗が出来ていた。

高校時代僕がバイトしている間も、父親は毎日家にいたからだ。

 

僕は株を教えて貰った事が無い。

覚えようと思ったこともない。

母親と父親が、たまに株の事で喧嘩をしていたからだ。

母親は父親の職業には辟易していた。それは稼ぎのせいではなく、父親なのに家にいる時間が長過ぎたせいだと最近では気付いた。

でも僕は母親の想いとは裏腹に、父親と似た職業になるかもしれない。

オンラインカジノは良く稼げる。

適度な緊張感は、株トレードによく似ているのではないだろうか。

25歳を目前にして、僕の手にはあまり職がない。愛想が良いとはよく褒められるが、それくらいだ。

そんな僕は、オンラインカジノのバカラで月に数十万円を稼いでいる。

実家暮らしだから、母親も父親もこのことは知っている。

しかし、僕の構築した理論に賛成してくれたから、不安には思っていないと思う。

こんな機会に発表する気は無いが、バカラやルーレットには常勝出来る方法がある。

僕はそれを自力で見つけ出した。それが僕の自信でもある。

 

僕は引きこもりでもないし、コミュ力が乏しいわけでもない。友達だって何人かいる。

ただ、人には言いにくい職業というだけだ。

貯金が1億以上貯まるか、それまでに27歳になったらきちんとした仕事をはじめてみようと思っている。

 

自分自身の理論を構築することは、脳にとても良い。

対人で力を付けろ!エンパイアカジノ!

 

20代男性の

オンラインカジノ体験談

 

このオンラインカジノ体験談は、日本人でも合法的に遊べる日本語対応のオンラインカジノを実際にプレイした方々の体験談のみを掲載しています。

不適切な表現があった場合など、不自然な修正が加えられていることがございますが、何卒ご容赦下さいますようお願い致します。

 

オンラインカジノは、日本ではまだあまり馴染みがありませんが、アメリカなどではTVコマーシャルを行っているほどメジャーな娯楽です。

2015年にはもうすでに、ラスベガスやマカオなどのリアルカジノの市場規模を超えており、世界一人気のオンラインゲームと言っても過言ではありません。

その人気の理由としては、国籍や場所を問わずにプレイできること、他のどのギャンブルよりも設定が甘い(勝ちやすい)こと等が挙げられます。

誰でも気軽にプレイ出来ますので、これを機に始めてみてはいかがでしょうか?

ページ上部へ戻る